ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

チモバール

チモバールがようやく販売開始しました。早速入れてみましたが、時期がちと悪かったです。もう少し涼しくなってからのほうがいいのですが、まあ、巣箱の上に発泡スチロールを載せて断熱して、すだれをかけて直射日光を和らげてます。俵養蜂場の俵獣医師も「みなさんそのようにやってますよ」と仰ってたので。

さて、チモバールは3,4週間を1タームとして2ターム続けて投与します。現在2タームに入ったところです。思った以上にダニの死骸は出てませんが、ダニの寄生率が高い群はダニの死骸も多いです。まずまず効いているみたいです。

もう、アピスタンもアピバールもあまり効かなくなってます。チモバールは耐性も出来ないようなので期待してます。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

群全体

久しぶりの投稿です

200113_Q組女王蜂

2001113-15 P組・Q組・M組・O組内検

1月13日にP組・Q組、1月14日にM組、1月15日にO組の内検をしました。 まず、Q組ですがここはダニも問題なさそうで調子いいです。…

200110_L組女王蜂

200110A組、H組、L組、N組の内検

1/10にA(Ariel女王)組、H(Hermione女王)組、L(Lucille女王)組、N(Natasha女王)組の内検をしました。昨年…

アピスタン・アピバールとは3

今回はアピスタンの特徴を記します。 アピスタンはフルバリネート系の薬です。です、と言ってもフルバリネートって何?となりますよねw フ…

アピスタン・アピバールとは2

アピスタン・アピバールの使用上の注意ですが、前の記事にも書いたようにまずは必ず6週間という懸垂期間をまもることです。また、アピスタン・アピバ…

ページ上部へ戻る