ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

200104 P組女王蜂

200104 Pixie女王群(P組)内検

いやあ、超久しぶりの投稿になってしましました。遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
久しぶりの投稿とは言ってもその間もきちんと内検など世話はしてましたよw
日差しが良かったのでミツバチヘギイタダニが心配なPixie女王群(P組)を内検しました。日差しが良かったとはいえ、そこはやはり冬。最高気温は11度でした。私は冬の間もほかのシーズンのように1週間に1度とまでは言いませんが、10日から2週間に一度程度は内検をしています。蜂が冷えると困るので家庭用ビニールハウスをかぶせて風よけをしています。


女王蜂は元気で冬なのに相変わらず産卵が続いてます。それはそれでいいのですが、その分ダニも繁殖しやすく、現に縮れ羽が目立ちます。現在アピスタンを入れてますが、今年はどの群もアピスタンが効きません。ついに耐性ダニの出現のようです。用法、期間はきちんと守ってましたがそれでもだめですね。あと1週間ほどで懸垂6週間になりますので取り出したあと、シュウ酸糖液で処置してみます。現在は8群いますが、そのうち3群がダニで厳しいです。その他はまずまず調子が良さげです。

ここらは比較的温暖ですが、このようにプチプチで冬囲いをして防寒対策をしています。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200113_Q組女王蜂

2001113-15 P組・Q組・M組・O組内検

1月13日にP組・Q組、1月14日にM組、1月15日にO組の内検をしました。 まず、Q組ですがここはダニも問題なさそうで調子いいです。…

200110_L組女王蜂

200110A組、H組、L組、N組の内検

1/10にA(Ariel女王)組、H(Hermione女王)組、L(Lucille女王)組、N(Natasha女王)組の内検をしました。昨年…

アピスタン・アピバールとは3

今回はアピスタンの特徴を記します。 アピスタンはフルバリネート系の薬です。です、と言ってもフルバリネートって何?となりますよねw フ…

アピスタン・アピバールとは2

アピスタン・アピバールの使用上の注意ですが、前の記事にも書いたようにまずは必ず6週間という懸垂期間をまもることです。また、アピスタン・アピバ…

Q組、O組、M組の内検

昨日はQ組(Qiana女王)、O組(Olivia女王)、M組(Merida女王)の内検をしました。 Q組は女王蜂は見れませんでしたが、卵・…

ページ上部へ戻る