ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

アピスタン・アピバールとは2

アピスタン・アピバールの使用上の注意ですが、前の記事にも書いたようにまずは必ず6週間という懸垂期間をまもることです。また、アピスタン・アピバールを交互に使うこと、そして両方とも年に1回の使用が望ましいです。これは耐性ダニの出現を防ぐためです。使用が頻繁だと薬剤に対する耐性をすぐに身に付けてしまいます。ダニは全生物中の中で最も薬剤(ダニにしてみれば毒)に適応するのが早い生き物です。それだけ進化の余地をたくさん残しているということでしょうね。

6週間という期限は連続での話で、3週間使ってしばらく引き上げてまた同じものを3週間使う、というような使い方もだめです。理由は同じです。とにかく年に1回6週間連続で懸垂することは必須です。あとは1週間おきくらいに懸垂位置を変更することです。これは薬剤の群内への浸透速度を高めるためです。

次回はそれぞれの特徴を詳しく説明します。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200113_Q組女王蜂

2001113-15 P組・Q組・M組・O組内検

1月13日にP組・Q組、1月14日にM組、1月15日にO組の内検をしました。 まず、Q組ですがここはダニも問題なさそうで調子いいです。…

200110_L組女王蜂

200110A組、H組、L組、N組の内検

1/10にA(Ariel女王)組、H(Hermione女王)組、L(Lucille女王)組、N(Natasha女王)組の内検をしました。昨年…

アピスタン・アピバールとは3

今回はアピスタンの特徴を記します。 アピスタンはフルバリネート系の薬です。です、と言ってもフルバリネートって何?となりますよねw フ…

Q組、O組、M組の内検

昨日はQ組(Qiana女王)、O組(Olivia女王)、M組(Merida女王)の内検をしました。 Q組は女王蜂は見れませんでしたが、卵・…

アピスタン・アピバールとは

ミツバチヘギイタダニには2種類の薬剤と何通りかのオーガニック系の駆除方法があります。薬剤にはフルバリネート系のアピスタンとアミトラズ系のアピ…

ページ上部へ戻る