ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

190326_A組女王蜂

190326内検全群

ちょっと間が空きましたが3/26に全群内検。ブログには載せませんがその前は3/20に内検。
さて今回もA組、H組にはチョーク病の死骸が多かったです。L組にも若干ありました。なかなか治まりません。なのでミラクルタブレなるものをA組とH組に入れました。簡単に言うと白い円状の塩素剤です。これを水に10Sほど浸けてから水切りをして一箱あたり1~2粒入れます。塩素ガスでカビや菌類を殺菌するようです。2ヶ月ほど入れておくようです。効果があるとありがたいですが・・・。

それ以外はヘギイタダニの死骸が前回より少なくなっていました。アピバールの効果でダニが減っているのか、耐性が出来て効かなくなっているのか、どっちかな。ダニやらチョーク病やらで状況は決して良くないはずなんですがミツバチの数は増えています。まずまず順調と言えます。

A組女王蜂


A組の巣枠の様子


A組チョーク病





H組女王蜂


H組の巣枠の様子


H組チョーク病





L組女王蜂


L組の巣枠の様子


L組チョーク病

ファームに植えたレンゲや菜の花が咲きだしました。

菜の花に訪花


レンゲに訪花

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る