ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

H組内検190202 女王蜂

内検190202全群

遅ればせながら2月2日の内検の様子をアップします。

日中は11度まで上がりました。
まずA組

A組内検190202

A組内検190202

A組内検190202

A組内検190202


蜂児、蓋蜂児はありましたが卵と女王蜂は確認できず。どちらかでも確認できれば女王蜂がいる、ということで安心なんですが・・・。多分、卵も見落としであるだろうから大丈夫でしょう。ダニに銅が効くという話をブログで見かけたのでアピスタンのように巣枠間に銅板(25mm×200mm)を5枚ほど懸垂してみました。効果があれば本当にありがたい。

H組
ここも順調です。といいたいのですが相変わらずのチョーク病発症中です。治まりませんねえ_| ̄|○

H組内検190202 チョーク病の死骸

H組内検190202 チョーク病の死骸

H組内検190202

H組内検190202

H組内検190202 女王蜂

H組内検190202 女王蜂


女王蜂確認。元気そうです。

H組内検190202 ヒノキの葉

H組内検190202 ヒノキの葉


チョーク病対策としてヒノキの葉を入れてます。効果の程は?ですw

K組
旧女王蜂がいなくなり、新女王蜂を相変わらず確認できてないです。ですので卵も蜂児も蓋蜂児もいません。写真も撮ってません。蜂たちは元気なんですけどね。

L組
ダニの死骸が凄い。ここは調子がよかっただけに逆に仇となってダニも一緒に増えてしまいました。

L組内検190202

L組内検190202


蜂たちは元気です。女王蜂は未確認でしたが卵、蜂児、蓋蜂児は確認。ダニの影響がちと心配な群です。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る