ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

内検190127全群

1月27日は気温はあまり上がりませんでしたが風がなく穏やかだったので内検、というか簡単に中を覗きました。

この寒い時期は内検はしない方がいいです。巣箱を寒風にさらすことはかなりのリスクです。自分は寒い時期に内検をする時は小型の家庭用ビニールハウスを使います。これをかぶせることで寒風にさらすことなく内検ができます。とはいっても長時間はご法度です。なので軽く中を覗いて湿った新聞を全群変えました。

どの群も蜂が巣枠上部にたくさんいて元気です。ただしL組は毎日羽化不全の死骸が結構出されてます。アピスタンが効くといいのですが・・・。あとはK組(ここもアピスタンを入れてます)が若干蜂の数が少ないように思えます。おそらく女王蜂が不在でしょうからどうしたもんか。新女王蜂にもお目にかかってないですしね。早く暖かくならないかな。本格的に内検がしたい。他群も女王蜂がどんな状態か見てみたいし・・・・。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る