ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

190111_H組女王蜂_

内検190111全群

1月11日にA組、H組、K組の内検をしました。またL組は1月8日に内検をしました。

アイキャッチ画像はH組の女王蜂です。1枚だけ抜き出した巣枠にたまたまいました。元気そうです。

190111_A組_IMG_4539
190111_A組_IMG_4539
190111_H組_IMG_4537
190111_H組_IMG_4537
190111_H組ヒノキの葉_IMG_4538
190111_H組ヒノキの葉_IMG_4538
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_IMG_4549
190111_K組_IMG_4549
190108_L組_IMG_4516
190108_L組_IMG_4516
L組の状況です。下段側です。調子良さげですがダニがいるようですのでアピスタンを入れました。

A組は調子が良さそうです。特に問題はありません。

H組はチョーク病が治まりません。ブログや本で調べるとヒノキの葉がいいとよく書いてあるのでを置いてみました。実際に効くかどうかはわかりませんがやって損はないので試してみます。1週間に1回交換して1ヶ月ほど続けると大体治まるそうです。全群貯蜜は十分です。

L組とK組は羽化不全の死骸が巣門前に結構でてます。この2群は今までアピスタンを入れたことがないので アピスタンを入れました。あと、割と暖かかったので35度に温めたシュウ酸糖液を投与しました。

K組は破れた王台が何個かありました。女王蜂になんかあったようです。元気がよく産卵状況もいい女王蜂だっただけに残念です。新女王蜂が生まれていても交尾にいけないので最悪の時期に女王蜂交代となりました。暖かくなったら内検をしてから合同するか、産卵巣枠を他の群から入れるか、そのままフェードアウトさせるか決めます。うーん、ショックだ・・・・orz。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る