ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

190111_H組女王蜂_

内検190111全群

1月11日にA組、H組、K組の内検をしました。またL組は1月8日に内検をしました。

アイキャッチ画像はH組の女王蜂です。1枚だけ抜き出した巣枠にたまたまいました。元気そうです。

190111_A組_IMG_4539
190111_A組_IMG_4539
190111_H組_IMG_4537
190111_H組_IMG_4537
190111_H組ヒノキの葉_IMG_4538
190111_H組ヒノキの葉_IMG_4538
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_王台
190111_K組_IMG_4549
190111_K組_IMG_4549
190108_L組_IMG_4516
190108_L組_IMG_4516
L組の状況です。下段側です。調子良さげですがダニがいるようですのでアピスタンを入れました。

A組は調子が良さそうです。特に問題はありません。

H組はチョーク病が治まりません。ブログや本で調べるとヒノキの葉がいいとよく書いてあるのでを置いてみました。実際に効くかどうかはわかりませんがやって損はないので試してみます。1週間に1回交換して1ヶ月ほど続けると大体治まるそうです。全群貯蜜は十分です。

L組とK組は羽化不全の死骸が巣門前に結構でてます。この2群は今までアピスタンを入れたことがないので アピスタンを入れました。あと、割と暖かかったので35度に温めたシュウ酸糖液を投与しました。

K組は破れた王台が何個かありました。女王蜂になんかあったようです。元気がよく産卵状況もいい女王蜂だっただけに残念です。新女王蜂が生まれていても交尾にいけないので最悪の時期に女王蜂交代となりました。暖かくなったら内検をしてから合同するか、産卵巣枠を他の群から入れるか、そのままフェードアウトさせるか決めます。うーん、ショックだ・・・・orz。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る