ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

201811/3

内検181102 H組

今朝、各巣箱の前を目視点検していたら、H組の巣門下にチョーク病の死骸があった。これまでA組、K組ではチョーク病が出ていたが、H組までも出てしまいました。
ネットで調べるとあまり気にすることはない、じきに治まるとあるのだが経験上結構厄介だと思います。本来なら生まれてくるはずの蜂児が固まって死んでしまうわけだから蜂の数も増えない可能性もあるし・・・。

というわけで、本来なら11/5に内検する予定をH組だけ早めて中をみてみました。やっぱり底板にチョーク病の死骸が30匹ほど。つまり30匹働き蜂が死んでしまったというわけで、前の女王蜂が死んで新女王蜂が産卵した卵が羽化するまでになんだかんだで1ヶ月半ほどかかっています。待望の羽化第一陣からチョーク病で羽化しない働き蜂がいるのは寒くなっていくこの時期には痛いです。

それを除けば蜂児、蓋蜂児はちゃんといるし、貯蜜も十分。ただ、産卵場所が不足していたので少し貯蜜してある巣脾枠を追加しました。蜂の数はまだ少ないしチョーク病が出ているこのタイミングではちょっとどうかな、と思いますが仕方ない。天気もしばらく良くて暖かい日が続きそうなので思い切って追加しました。

ここに産卵してくれてチョーク病が治まってくれればありがたいんだけどなー。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る