ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

秋のミツバチ管理

秋は越冬のための準備期間です。秋は春に比べて流蜜が少ないので給餌が必要となります。冬前に砂糖水の給餌を行うと結晶化してミツバチたちが食べれなくなり、餓死することがありますの冬直前より9月半ばから10月初めころが給餌のタイミングです。

夏には女王蜂の産卵が止まってることもあるし、秋も春ほどは産卵しませんので徐々に巣箱の蜂の数が減っていきます。減るのにあわせて巣碑枠を整理して蜂の密度を上げてかないと巣箱の内部の温度意地のため無駄に体力を使わせることになります。蜂蜜度が低いと病気にもなりやすくなりますので適宜巣碑枠を整理しましょう。

気温が日に日に下がっていきますので巣門の幅も狭くします。巣枠数が減っていたら巣枠が集まってるところを開けてそれ以外は新聞紙などで塞いで巣箱の中の温度が下がらないようにしましょう。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

181117 A組の貯蜜具合

本日17日は会社は休みですが、天気が良かったのでA組の巣枠の貯蜜具合を確認しました。14日に砂糖水を給餌しましたが、まだ足りないようです。上…

181114全群写真

181114 給餌と簡単な内検

11月14日にシュウ酸糖液を投与したH組の簡単な内検と全群に砂糖水とフィードビーの給餌を行いました。 H組は底板にダニの死骸はゼロでし…

181112_L組女王蜂

内検181112 全群

本日、全群(A組、H組、K組、L組)の内検を行いました。気がかりなのはH組とA組です。どちらもチョーク病です。特にH組は縮れ羽も出ているので…

181107_H組内検 巣枠の状況

内検181107 全群

11月7日に全群(A組、K組、H組、L組)の内検を行いました。現在はL組を除く3群でチョーク病が発生しているのでチョーク病の状況とH組は縮れ…

スズメバチサラバの効果(ビデオ)

スズメバチサラバを実際に使った時のビデオです。オオスズメバチが一目散に逃げていきます。   …

ページ上部へ戻る