ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

オオスズメバチ対策2

更新をちょっとサボっていたらあっという間に一月近く経っていましたw

さて、先日施したオオスズメバチ対策。ミツバチが通れる程度の横スリットのあるプラBOXを付けましたが、いきなり1000匹程度の被害を被りました。どうも箱の上にオオスズメバチが乗っかってそれにミツバチが向かっていってやられたみたいなので、オオスズメバチがプラBOXに乗れないように間をスポンジで詰めました。

しかし、その後も観察していたらサイドのスリットにオオスズメバチが止まって同じようにミツバチが向かっていくのを発見したので再度対策を考えました。

こんな風にオオスズメバチが止まるとそこめがけてミツバチが向かっていきます。今までの経験も交えて自分なりに考えたのは
1.オオスズメバチを巣門からなるべく遠ざける(近いとオオスズメバチにミツバチが反応してしまう)
2.オオスズメバチを止まらせない。ホバーリング状態ならミツバチもあまり向かっていかないし、オオスズメバチもミツバチの動きに反応できない事が多い。

以上から

こんな風に縦にオオスズメバチが通れない程度の幅に銅線を張りました。これなら止まることができないのでオオスズメバチはホバーリングして待ちます。今の所うまくいってます。ただし小型のスズメバチは上手にすり抜けますがミツバチを1匹ずつしか捕まえないので被害が少ないです。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

181120,21内検 全群

11/20、21の2日間で全群の内検をしました。11/20は時間が遅かったので簡単な内検と給餌を行いました。K組、L組は女王が確認できて調子…

諏訪大社

181115-16 諏訪湖と諏訪大社

11/15,16は群馬県高崎市に出張しました。行きは関東ルート。雲ひとつない快晴で富士山がきれいでした。 [caption id="att…

181117 A組の貯蜜具合

本日17日は会社は休みですが、天気が良かったのでA組の巣枠の貯蜜具合を確認しました。14日に砂糖水を給餌しましたが、まだ足りないようです。上…

181114全群写真

181114 給餌と簡単な内検

11月14日にシュウ酸糖液を投与したH組の簡単な内検と全群に砂糖水とフィードビーの給餌を行いました。 H組は底板にダニの死骸はゼロでし…

181112_L組女王蜂

内検181112 全群

本日、全群(A組、H組、K組、L組)の内検を行いました。気がかりなのはH組とA組です。どちらもチョーク病です。特にH組は縮れ羽も出ているので…

ページ上部へ戻る