ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

オオスズメバチ対策2

更新をちょっとサボっていたらあっという間に一月近く経っていましたw

さて、先日施したオオスズメバチ対策。ミツバチが通れる程度の横スリットのあるプラBOXを付けましたが、いきなり1000匹程度の被害を被りました。どうも箱の上にオオスズメバチが乗っかってそれにミツバチが向かっていってやられたみたいなので、オオスズメバチがプラBOXに乗れないように間をスポンジで詰めました。

しかし、その後も観察していたらサイドのスリットにオオスズメバチが止まって同じようにミツバチが向かっていくのを発見したので再度対策を考えました。

こんな風にオオスズメバチが止まるとそこめがけてミツバチが向かっていきます。今までの経験も交えて自分なりに考えたのは
1.オオスズメバチを巣門からなるべく遠ざける(近いとオオスズメバチにミツバチが反応してしまう)
2.オオスズメバチを止まらせない。ホバーリング状態ならミツバチもあまり向かっていかないし、オオスズメバチもミツバチの動きに反応できない事が多い。

以上から

こんな風に縦にオオスズメバチが通れない程度の幅に銅線を張りました。これなら止まることができないのでオオスズメバチはホバーリングして待ちます。今の所うまくいってます。ただし小型のスズメバチは上手にすり抜けますがミツバチを1匹ずつしか捕まえないので被害が少ないです。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る