ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

内検180821 C,H組

8/21にC組とH組の内検を行いました。8/17にやったばかりですが、アピスタンの投与期間が6週間になりましたので撤去です。ついでに簡単に内検しました。H組はダニの死骸が多かった。今回は見送りましたがアピバールも投与しないとだめかもしれません。C組はダニに関しては問題なさそうです。

H組の蜂の数は2段で満郡程度なんですが、現在3段×10枚群で蜂数に比べて空間が広すぎるのと最近は暑さが落ち着いて少し涼しくなってきたので3段×8枚群にしました。空いたところには新聞を詰めて温度低下しないようにしてます。近い内に2段×10枚群にするつもりです。

H組は順調ですが、C組は相変わらず卵も蜂児も蓋蜂児もまばらです。ただ、少しばかり産卵状況が良くなってきてるように思えます。巣枠が古いのばかりなので順次新しいのに切り替えたいんですが、卵や蓋蜂児があったりして中々うまくいきません。なので予備の巣碑枠を1枚追加しました。この巣碑枠に産卵してくれるようになると好転するかもしれません。

オオスズメバチはその後ほとんどやって来ません。このまま行くとは思えず、嵐の前の静けさかと戦々恐々としてますw

 

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る