ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

内検180821 C,H組

8/21にC組とH組の内検を行いました。8/17にやったばかりですが、アピスタンの投与期間が6週間になりましたので撤去です。ついでに簡単に内検しました。H組はダニの死骸が多かった。今回は見送りましたがアピバールも投与しないとだめかもしれません。C組はダニに関しては問題なさそうです。

H組の蜂の数は2段で満郡程度なんですが、現在3段×10枚群で蜂数に比べて空間が広すぎるのと最近は暑さが落ち着いて少し涼しくなってきたので3段×8枚群にしました。空いたところには新聞を詰めて温度低下しないようにしてます。近い内に2段×10枚群にするつもりです。

H組は順調ですが、C組は相変わらず卵も蜂児も蓋蜂児もまばらです。ただ、少しばかり産卵状況が良くなってきてるように思えます。巣枠が古いのばかりなので順次新しいのに切り替えたいんですが、卵や蓋蜂児があったりして中々うまくいきません。なので予備の巣碑枠を1枚追加しました。この巣碑枠に産卵してくれるようになると好転するかもしれません。

オオスズメバチはその後ほとんどやって来ません。このまま行くとは思えず、嵐の前の静けさかと戦々恐々としてますw

 

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る