ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

K組王台

180712全群内検

7/12に全群内検しました。今回は私の師匠である岐阜県関市の養蜂家「山田くんの養蜂場」の山田さんに来てもらって状況確認を兼ねて行いました。

結果は全体的にいい調子だそうです。勢いのないC組も1年目の女王蜂ではままあることで上手にやれば越夏、越冬もいけるとのこと。

ただし、前回も書いたH組のミツバチヘギイタダニですがかなり底板に死骸がありました。というわけで今回はチモールとアピスタンを投入しました。現在蓋蜂児が少なくなっているのでいいタイミングだと思います。あまりアピスタン、アピバールは使いたくないんですがしょうがないですね。

あと、C組にもアピスタンを投与しました。ここは自分としてはダニの影響が感じられなかったので少し驚きです。でも、勢いの無い群って大体ダニの影響が多いんですよね。これでC組にも勢いが出てくれれば嬉しいんですけど。

無王軍のK組は2段、14枚群から4枚減らして1段、10枚群に減らしました。継箱のタイミングがちょっと早かったようです。これが女王蜂失踪の原因だったかもしれません。次回からはもっと慎重にやらねば。あと2,3日もすれば新女王蜂が誕生すると思います。順調に交尾してくれるといんですが。このK組の前の女王蜂は産卵状況がすごくよく、分割元のA組の女王蜂もすごくいい女王蜂だったので次の女王蜂には期待してます。上手くいってくれることを祈ってます。

180709_K組王台

180709_K組王台

180709_K組王台

180709_K組王台

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る