ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

K組王台

180712全群内検

7/12に全群内検しました。今回は私の師匠である岐阜県関市の養蜂家「山田くんの養蜂場」の山田さんに来てもらって状況確認を兼ねて行いました。

結果は全体的にいい調子だそうです。勢いのないC組も1年目の女王蜂ではままあることで上手にやれば越夏、越冬もいけるとのこと。

ただし、前回も書いたH組のミツバチヘギイタダニですがかなり底板に死骸がありました。というわけで今回はチモールとアピスタンを投入しました。現在蓋蜂児が少なくなっているのでいいタイミングだと思います。あまりアピスタン、アピバールは使いたくないんですがしょうがないですね。

あと、C組にもアピスタンを投与しました。ここは自分としてはダニの影響が感じられなかったので少し驚きです。でも、勢いの無い群って大体ダニの影響が多いんですよね。これでC組にも勢いが出てくれれば嬉しいんですけど。

無王軍のK組は2段、14枚群から4枚減らして1段、10枚群に減らしました。継箱のタイミングがちょっと早かったようです。これが女王蜂失踪の原因だったかもしれません。次回からはもっと慎重にやらねば。あと2,3日もすれば新女王蜂が誕生すると思います。順調に交尾してくれるといんですが。このK組の前の女王蜂は産卵状況がすごくよく、分割元のA組の女王蜂もすごくいい女王蜂だったので次の女王蜂には期待してます。上手くいってくれることを祈ってます。

180709_K組王台

180709_K組王台

180709_K組王台

180709_K組王台

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る