ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

180704内検K組

7月の第一週の週間天気予報を見るとほとんど雨。7/4も雨の予報だったが、雨が降ってこないので今のうちに内検したほうがいいと思い、急遽内検。今回はK組のみ。なぜならK組には蓋蜂児のある雄峰トラップがあるから。そろそろ取り出さないと危険。そのまま雄蜂がが孵ってしまうとダニが蔓延する可能性があります。そうなればなんのためのトラップなのか意味がなくなるどころか、状況を悪化させてしまいますw

まずは卵と女王蜂の確認。ところが、なんと卵も女王蜂も見当たらない。6/29にはどちらもOKだったのに・・・・・orz。
6/29に継箱をしたのだがそれがいけなかったのだろうか。ショック~。王台が2個出来つつあったので推移を見守りたいと思います。ただなあ、ここの女王蜂5月下旬に生まれたばかりだったのに。産卵能力も高く調子もすごく良かっただけにほんとショックです。なんとか群を存続させないと。

雄峰トラップの方は蛹を18匹取り出してダニのチェックをしました。そのうち3匹に寄生。ダニの数は15匹でした。予想より悪い状況です。天気のいい日に粉砂糖で寄生率のチェックをします。結果次第ではアピスタンか蟻酸を入れないと駄目かも。ビーキープCだけでは駄目なのかな。踏んだり蹴ったりだ ヽ(`Д´)ノプンプン

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る