ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

20187/5

180629内検C組、K組

6/29にC組とK組の内検をした。C組は相変わらず細々と産卵してる。蜂たちは元気だがなんか伸びていく感じがしない。ここは駄目かもなあ。

それに対してK組は好調で産卵状況もよい。王台が2個あったので除去したが、1個は今にも羽化しそうな状態だった。見落としていたようです。なんかもったいない気がしたw
雄峰トラップが仕掛けてあるのだが、当初は蜜が貯められだして蜜枠になるかと思いきや、卵が産み付けられていて、蓋蜂児まで出来てました。もう少ししたら撤去しないと。
写真はK組の女王蜂です。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る