ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

180709_A組女王蜂1

180709全群内検

7/9に全群の内検を行いました。相変わらずC組の卵の産みが悪くて調子が上がらない。もう少し蜂の数が増えないとなあ、と思ってますが思うようにはいきませんね。

あとは無王群のK組に王台が10個以上出来てて、かなり育っている王台を4つ残して、9個除去しました。この王台除去ってすごく憂鬱なんですよね。可哀想な気がして。でも結局は新女王蜂同士で殺し合うか、先に生まれたほうが王台を破壊するかになるので同じことなんですが。それよりも殺し合ってお互い傷ついて共倒れってこともありうるので、除去するほうがいいと、自分に言い聞かせてます。

その他は調子良好です。ただ、H組は縮れ羽の働き蜂が散見されるのでシュウ酸糖液をかけました。数日後にダニの死骸がどれだけあるかチェックします。全群にビーキープCを大量に噴霧しておきました。今の所H組以外はダニの影響が少なさそうなのでこのままビーキープCも続けます。

180709_H組女王蜂_IMG_0136


H組女王蜂
180709_H組女王蜂_IMG_0136

180709_L組女王蜂


L組女王蜂
180709_L組女王蜂

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

181117 A組の貯蜜具合

本日17日は会社は休みですが、天気が良かったのでA組の巣枠の貯蜜具合を確認しました。14日に砂糖水を給餌しましたが、まだ足りないようです。上…

181114全群写真

181114 給餌と簡単な内検

11月14日にシュウ酸糖液を投与したH組の簡単な内検と全群に砂糖水とフィードビーの給餌を行いました。 H組は底板にダニの死骸はゼロでし…

181112_L組女王蜂

内検181112 全群

本日、全群(A組、H組、K組、L組)の内検を行いました。気がかりなのはH組とA組です。どちらもチョーク病です。特にH組は縮れ羽も出ているので…

181107_H組内検 巣枠の状況

内検181107 全群

11月7日に全群(A組、K組、H組、L組)の内検を行いました。現在はL組を除く3群でチョーク病が発生しているのでチョーク病の状況とH組は縮れ…

スズメバチサラバの効果(ビデオ)

スズメバチサラバを実際に使った時のビデオです。オオスズメバチが一目散に逃げていきます。   …

ページ上部へ戻る