ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

180726_K組女王蜂

内検180726 C組、K組、L組

7/26にC組、K組、L組の内検をしました。
まずL組から。非常に調子がいいです。卵が多く、蜂児も蓋蜂児も数が多くて順調です。女王蜂も確認できました。ビーキープCを蜂に大量に噴霧しておきました。

そして問題のK組。女王蜂が未だ確認できておらずとても嫌な予感のする組w
さて、どうなっているか。まずは女王蜂の確認です、とその前に卵を発見。まったく予想外の展開。まさか卵があるとは。ということは交尾も成功しているということで、そのまま女王蜂を探しました。そしたらいました!

いつもとお腹の色が違います。ひょっとしてカーニオラン系の血をひいているのか? 何にしても期待していなかった分大変うれしいです。このまま順調に元気で卵を産み続けて欲しい。

最後はC組。相変わらず卵もちらほら。女王蜂の産卵状況はイマイチです。アピスタンを投与してますがダニの死骸は少ないです。まあ、蜂の数が少ないのも関係しているでしょう。もう少し卵を産んでくれると少し安心できるんだけどな。このまま推移を見守ります。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190510_P組女王蜂

190510内検 A組、H組、N組、P組

5/10はA組、H組、N組、P組の内検をしました。写真はP組のみです。 まず、A組ですが女王蜂は健在でしたが、卵が少なかったように思え…

190509_O組女王蜂

190509内検 L組・M組・O組

5/9にL組・M組・O組の内検をしました。 まずはM組。久しぶりに女王蜂の写真を撮りました。順調ですがチョーク病の死骸がまだあり、治りませ…

190507 A組の卵枠をL組に

5/7に無王群となったL組のA組から入れた卵、蜂児、蓋蜂児枠をA組に戻し、新しくA組の卵、蜂児、蓋蜂児枠をL組に入れた。数日後には王台が造ら…

190420_クリーピングタイム

クリーピングタイムに訪花

クリーピングタイムにセイヨウミツバチが訪花してくれました。今年はよく咲いてますが中々訪花しませんのでタイムには訪花しないもんだと思ってます。…

L組女王蜂

L組女王蜂の死

5/6に巣箱から飛んでいってしまったL組の新女王蜂。5/7の朝には巣門前で死んでいました。恐らく戻ってきたけど働き蜂に殺されたと思う。何かし…

ページ上部へ戻る