ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

180726_K組女王蜂

内検180726 C組、K組、L組

7/26にC組、K組、L組の内検をしました。
まずL組から。非常に調子がいいです。卵が多く、蜂児も蓋蜂児も数が多くて順調です。女王蜂も確認できました。ビーキープCを蜂に大量に噴霧しておきました。

そして問題のK組。女王蜂が未だ確認できておらずとても嫌な予感のする組w
さて、どうなっているか。まずは女王蜂の確認です、とその前に卵を発見。まったく予想外の展開。まさか卵があるとは。ということは交尾も成功しているということで、そのまま女王蜂を探しました。そしたらいました!

いつもとお腹の色が違います。ひょっとしてカーニオラン系の血をひいているのか? 何にしても期待していなかった分大変うれしいです。このまま順調に元気で卵を産み続けて欲しい。

最後はC組。相変わらず卵もちらほら。女王蜂の産卵状況はイマイチです。アピスタンを投与してますがダニの死骸は少ないです。まあ、蜂の数が少ないのも関係しているでしょう。もう少し卵を産んでくれると少し安心できるんだけどな。このまま推移を見守ります。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

200113_Q組女王蜂

2001113-15 P組・Q組・M組・O組内検

1月13日にP組・Q組、1月14日にM組、1月15日にO組の内検をしました。 まず、Q組ですがここはダニも問題なさそうで調子いいです。…

200110_L組女王蜂

200110A組、H組、L組、N組の内検

1/10にA(Ariel女王)組、H(Hermione女王)組、L(Lucille女王)組、N(Natasha女王)組の内検をしました。昨年…

アピスタン・アピバールとは3

今回はアピスタンの特徴を記します。 アピスタンはフルバリネート系の薬です。です、と言ってもフルバリネートって何?となりますよねw フ…

アピスタン・アピバールとは2

アピスタン・アピバールの使用上の注意ですが、前の記事にも書いたようにまずは必ず6週間という懸垂期間をまもることです。また、アピスタン・アピバ…

Q組、O組、M組の内検

昨日はQ組(Qiana女王)、O組(Olivia女王)、M組(Merida女王)の内検をしました。 Q組は女王蜂は見れませんでしたが、卵・…

ページ上部へ戻る