ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

A組蓋蜂児

20186/27

A組、H組蓋蜂児

6/26に残りのA組、H組の内検を行いました。この2群はいい調子です。卵、蜂児、蓋蜂児も数が多くこの調子でいってもらいたいものです。この2群にもダニ対策としてビーキープCの希釈液を蜂たちに吹きかけました。今のところ、このビーキープCを使いだしてからダニを殆ど見かけてません。

まだ続けて使用して様子を見ないとなんとも言えませんが、春から夏の暑い日にはこれを使うと良さげです。蜂たちの体温を奪うことにもなるので気温の低い日にはかえって逆効果かもしれませんので、暑い日に限定してます。大体7日から10日おきに掛けてます。これが本当に効果的ならアピスタン、アピバールなどをなるべく使わずに済むのになあ。

H組蓋蜂児

H組蓋蜂児

こちらはH組の蓋蜂児。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る