ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

H組女王蜂

20186/3

内検180529

5/29にH組とL組の内検を行いました。前回同様いい調子です。
ただH組は蜂の数が少ないのが心配です。あと貯蜜が多すぎます。近々採蜜しないとだめですね。

L組もいい感じです。こちらは新しい巣枠を1枚追加して9枚群にしました。

今回はどちらの群もビーキープCというものを蜂たちに吹きかけました。このビーキープCは吉田養蜂場さんが開発したもので米、とうもろこし、大豆などを発酵させたミツバチのための健康食品ですが、ミツバチや巣房に吹きかけるとチョーク病やダニにも効くというので試しに購入しました。実はC組が今年の4月頃までチョーク病の症状が出て結構死んでて困っていた。ただ、蜂たちの体を冷やすことにもなるのでミツバチにかけるのはちょっとためらいましたが、チョーク病を抑えるためにやってみました。結果的にはよかったのか今は治まってます。

あとダニにいいというのも魅力なので他の群にも定期的に吹きかけてます。結果はもう少し先にならないとわかりませんが、ビーキープCを使いだしてしばらくしてから一番元気だったA組とG組に雄蜂トラップをやったところA組はダニが0匹、G組もほとんどダニがいませんでした。というわけで続けてます。

砂糖水に1-3%混ぜてミツバチに与えると元気になる上に給餌でもダニを抑える効果があるそうなので、給餌するときにも使ってます。吉田養蜂場さんのデータによるとかなりの効果があり、期待してます。本当にダニは厄介です。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

181117 A組の貯蜜具合

本日17日は会社は休みですが、天気が良かったのでA組の巣枠の貯蜜具合を確認しました。14日に砂糖水を給餌しましたが、まだ足りないようです。上…

181114全群写真

181114 給餌と簡単な内検

11月14日にシュウ酸糖液を投与したH組の簡単な内検と全群に砂糖水とフィードビーの給餌を行いました。 H組は底板にダニの死骸はゼロでし…

181112_L組女王蜂

内検181112 全群

本日、全群(A組、H組、K組、L組)の内検を行いました。気がかりなのはH組とA組です。どちらもチョーク病です。特にH組は縮れ羽も出ているので…

181107_H組内検 巣枠の状況

内検181107 全群

11月7日に全群(A組、K組、H組、L組)の内検を行いました。現在はL組を除く3群でチョーク病が発生しているのでチョーク病の状況とH組は縮れ…

スズメバチサラバの効果(ビデオ)

スズメバチサラバを実際に使った時のビデオです。オオスズメバチが一目散に逃げていきます。   …

ページ上部へ戻る