ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

女王蜂

現在養蜂中の群

現在養蜂中の群はA,C,G,H,I組の5群です。今年の3月の終わり頃までJ組もいたんですがヘギイタダニダニにやられ群勢が弱り結局女王蜂もいなくなってC組に合蜂しました。このJ組はとても元気で数も一番だったのにあっという間にだめになりました。越冬確実と思っていたのに・・・・。

これは自分の判断ミスだったと思ってます。アピバールが全く効かなかったので耐性ダニと思い込みアピスタンを使わずシュウ酸、チモールで対処しましたが駄目でした。今思えばアピスタンを試してみるべきだったと思います。

養蜂は簡単に言えばミツバチヘギイタダニとの闘いと思ってます。いかにヘギイタダニを抑えるか。ダニが増えると病気に罹りやすくなります。とにかくダニ対策が全てだと思ってます。

ヘギイタダニ対策としてはまずアピスタン、アピバールがありますが使いすぎると耐性ダニになり厄介です。現在はその他に蟻酸、シュウ酸、チモール、シュガートリートメントも併用して耐性ダニにならないように気を付けてます。

あとはとにかくミツバチの密度をあげて巣内の温度を保つこと。この2点をしっかりとできればあとはそんなに心配いらないと思ってます。もっともヘギイタダニ対策は世界中の養蜂をやっている者にとって最大の課題です。永遠の課題かもしれません。早く確実な方法が確立されないものか。

 

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

内検190127全群

1月27日は気温はあまり上がりませんでしたが風がなく穏やかだったので内検、というか簡単に中を覗きました。 この寒い時期は内検はしない…

内検190119全群

1月19日土曜日に天気が良かったので内検を行いました。全群の新聞紙を交換。L組は天蓋の裏の結露が凄くて新聞紙がかなり湿ってました。巣枠は湿…

内検190114 K組とL組

1月14日は11日にシュウ酸糖液を投与したK組とL組のダニ駆除の状態を確認した。 190114_K組ダニの死骸_IMG_4589 …

190111_H組女王蜂_

内検190111全群

1月11日にA組、H組、K組の内検をしました。またL組は1月8日に内検をしました。 アイキャッチ画像はH組の女王蜂です。1枚だけ抜き…

2019年1月2日、3日の様子

新年の1/2、3は会社は休みでしたが天気が良かったのでミツバチの様子を見に行きました。 簡単に中を覗いて全群の巣枠上の新聞紙を交換し…

ページ上部へ戻る