ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

女王蜂

現在養蜂中の群

現在養蜂中の群はA,C,G,H,I組の5群です。今年の3月の終わり頃までJ組もいたんですがヘギイタダニダニにやられ群勢が弱り結局女王蜂もいなくなってC組に合蜂しました。このJ組はとても元気で数も一番だったのにあっという間にだめになりました。越冬確実と思っていたのに・・・・。

これは自分の判断ミスだったと思ってます。アピバールが全く効かなかったので耐性ダニと思い込みアピスタンを使わずシュウ酸、チモールで対処しましたが駄目でした。今思えばアピスタンを試してみるべきだったと思います。

養蜂は簡単に言えばミツバチヘギイタダニとの闘いと思ってます。いかにヘギイタダニを抑えるか。ダニが増えると病気に罹りやすくなります。とにかくダニ対策が全てだと思ってます。

ヘギイタダニ対策としてはまずアピスタン、アピバールがありますが使いすぎると耐性ダニになり厄介です。現在はその他に蟻酸、シュウ酸、チモール、シュガートリートメントも併用して耐性ダニにならないように気を付けてます。

あとはとにかくミツバチの密度をあげて巣内の温度を保つこと。この2点をしっかりとできればあとはそんなに心配いらないと思ってます。もっともヘギイタダニ対策は世界中の養蜂をやっている者にとって最大の課題です。永遠の課題かもしれません。早く確実な方法が確立されないものか。

 

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オオスズメバチ対策

奴らがやってくる

お盆も終わりましたね。お盆が終わると・・・・。そう、奴らがやってくるんです。恐ろしい奴らが・・・・・(*ノェノ)キャー 憎きオオスズメ…

180809_カラミンサとミツバチ

20188/15

カラミンサに群がってます

ひまわりへの訪花も始まりましたが、相変わらずカラミンサは人気です。最近ではトックリバチやその他の蜂も訪花してますw 今年はすごく暑いですが…

ひまわり(ロシア)

20188/7

ひまわりに訪花

ようやくひまわりが開花し始めてミツバチたちが訪れてくれるようになりました。 前回の台風12号でかなり倒されたんですが何とか持ち直してく…

180806_H組女王蜂

20188/6

内検180806 C,H組

本日はC組とH組の内検でした。 C組は相変わらずちまちまと卵を産んでます。しかし、全く勢いがないw 蓋蜂児も見た目中で蜂児が死んでそうで…

20188/4

ブルーベリーの木が倒れる

前回書いたブルーベリーの実。実は採ったのは台風が来る前。都合3回採って3kgの収穫があり、しばらくはブルーベリー採りを楽しめるかと思っていた…

ページ上部へ戻る