ミツバチ蜂群奮闘

セイヨウミツバチの養蜂の奮闘日記です

© ミツバチ蜂群奮闘 All rights reserved.

分蜂王台と割出しと女王蜂

分蜂王台と割出し

5/9にA組の内検を実施。女王蜂が確認できなかった上、卵も見あたらなかった。それに王台が10個位あった。とりあえず王台は半分ほど潰して残りは女王蜂が不在かもしれないので残しておいた。

そして翌日に再度内検。やはり、女王蜂も卵も見あたらず。とても調子のいい群だったのに無王群になってしまったので王台を3個残して新女王蜂に期待。

しかし、ネットで王台のことを調べてみたら王台には分蜂王台、換王王台、変成王台の3種類があると知った。王台の位置もそれぞれに違うらしい(ただ、分蜂王台と換王王台は違いがわからないと書いているブログもあった)。A組の王台はどうも分蜂王台のようだったので、5/11に改めて女王蜂を捜してみた。

そしたら、いました(^^)
良かった~。となるとこの王台どうしよう。日数的に今日明日にも羽化しそうだったので初めて割り出しをやってみた。蜂がついたままの蜜枠、蓋蜂児枠、王台付き蓋蜂児枠、蜜枠の4枚群にしてK組として挑戦。ただ、割り出した場合、本巣の近くに置いてしまうと蜂が元の巣箱に戻ってしまうことがあるとのことだが、蜂場がここしかないのでA組の巣箱を50cm横にずらして、あえてA組のところにこの割出群置いた。どうなるかわからないが上手く行ってくれれば、ダニに強く産卵も多い系統の群が増えるのでとても期待している。上手くいくといいなあ。

押して下され m(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

190223内検A組、H組

2/23にA組とH組の内検を実施。A組にはチョーク病が出てました。 H組はダニを背負ってる子がいたのでシュウ酸糖液を投与しました。…

190220_L組巣枠

190220内検L組

2/18にL組のみシュウ酸糖液を投与したのでその確認です。 底板にはダニの死骸がいっぱいでした。耐性ダニなのかアピスタンが効きません。今後…

190218L組女王蜂

190218内検全群

2/18は全群内検でした。 190218A組女王蜂 190218H組女王蜂 190218L組女王蜂 190218L組…

190212内検全群

2/12は砂糖水とフィードビーを全群に給餌しました。その際に簡単に内検を実施。 K組が無王であること以外はすべて調子良さげでした。 …

190205_A組女王蜂

190207内検全群

続けざまになりましたが2/7も内検です。A組はシュウ酸糖液の効果を確認するため。H組とK組は通常の内検。L組はついでです。 まずA組はシュ…

ページ上部へ戻る